ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム市立札幌旭丘高等学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

弓道部

 弓道部の佐藤碧紀さん(3-5)が、「2015 紀の国わかやま国体」総合開会式(9月26日土曜日)において北海道選手団の旗手を務めました。


   


 H29高体連結果報告 [232KB pdfファイル] 

 弓道部は現在、原田先生・西坂先生のご指導のもと、男子20名・女子27名の計47名で活動しています。今年も市内一・二位を争う程部員が多く、思うような練習量を確保することは難しいのですが、一人一人練習の質を意識して日々熱心に稽古に取り組んでいます。
 ところで皆さんは弓道場の場所はご存知でしょうか? まず生徒玄関に向かって右の方に向かいます。坂を登って、春は桜並木、夏は深緑、秋は美しい紅葉の中を、冬はシカやキツネやリスの足跡か点々と残っている雪原を踏みしめて行くと、山中に四角い建物が見えてきます。それが弓道場です。外観はただの四角い箱にしか見えませんが、中は道内でも五本の指に入るほど立派な弓道場です。
 こんなにも自然と設備に恵まれた環境で練習させてもらっているので、つい力が入り週六日間は活動しています。確かに人変だし忙しい部活です。ですが運動部だけど走ったり筋トレしたりはしないので(志の高い人は密かに自主トレしているようですが)、他の運動部よりは体力を消耗しません。まあ弓を押し引きするわけですから腕や肩はとても太く逞しく、背中はちょっと広くなりますけど…。
 弓道をやって培われるものは他にもあります。「的は己の心に在り」と言うように、弓道は己の心と深く深く向きあう「武道」なので、困難を克服する精神力が鍛えられ、ここぞという時の集中力が身につきます。進学校に通う私たちにとっては最高の部活ですよね。
 弓道部の魅力について最後にもう一つ。弓道は高校から始める人かほとんどなのでスタートラインは皆同じです。だから正しい方法で努力さえすれば全国大会出場も夢ではありません。現に過去九年間で、「高校総体」女子団体一回・女子個人一回、「高校選抜」女子団体一回・女子個人四回、「国体」男子二回・女子一回出場を果たしています。どうです? もし自分がこんな大舞台に立てるのだとしたらワクワクしませんか? ぜひ私たちと一緒に全国をめざしましょう。興味のある方は道場に来て下さい! 部員一同心よりお待ちしています。
 

 部局紹介にて

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる