ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム市立札幌旭丘高等学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

新聞局

 現在、新聞局は1年次12名、2年次3名で顧問の高瀬先生、稲毛先生と共に活動しています。例年10入以下の少人数部活だったので、初めての大所帯に戸惑いながらもリニューアルしたメディアコーナーで楽しく過ごしています。生徒会長への取材や旭丘祭など生徒会・学校行事の定番記事に加え、新しい企画を常に考える日々。皆さんか楽しく読めて、必要な情報を手に入れられる学校新聞を目指しています。今年は2年ぶりに全道高等学校新聞研究大会の現地開催が行われ、十勝で美味しいグルメを探しながら全道の新聞部局と交流することが叶いました。

 では、普段全校に配られている新聞はどのようにできているのでしょうか?全15名の部活ですが、実は全員が集まるのは最初の編集会議だけです。近く催される学校行事、話題になっているニュースや社会問題、果ては最近耳にするウワサまで...。とにかく多くの企画案を書き出して、その中から使えそうなものを選び、仕事の担当を振り分けます。それからは来たい時、来られる時にふらっと現れて、どうでもいい話をしたり、宿題をしたり、おやつを食べたりしながら「取材行ってきます」という人を送り出す、のんびりした雰囲気です。もちろん、局説の執筆のために真面目なディスカッションをすることもあります。そのうち締め切りが近づくと、今までのだらけを後悔しながら慌ただしく作業に追われる羽目になるのですが、期日に間に合って皆さんの手元に新聞が渡るのを見るとホッとします。

 最後に、現在新聞局では広告を募集しています。小さなことでも構わないので、申し込み用紙を切り取って、気軽にメディアコーナーへお越し下さい。いつでもお待ちしています!

 

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる