剣道部は現在、女子一名、男子七名、マネージャー三名の計十一名で活動しています。週五日、二時間ほどの稽古ですが、短時間の中で集中し、お互いに長短を指摘し合いながら一人一人工夫して稽古に取り組んでいます。 剣道には「礼に始まり礼に終わる」という言葉があります。剣道は相手を打ち打たれて上達できる武道です。ですからこの言葉は、一人では稽古ができないので、相手に感謝し、相手への敬意を示すという考えに基づくものです。それ故、最初に礼儀作法から学びます。相手がいて初めて自分を磨くことができるという考え方は、社会に出てからも必ず役立てることができるものです。専門の指導者はいませんが、経験者が基礎から教えますので、初心者でも上達することができます。 ところで、部活動と言うと勉強や習い事との両立が問題として挙げられることが多いですが、部員の中には塾に通っている人や習い事に行っている人もいます。しかし、時間の使い方、優先順位は各々の意見を尊重しながら、部員全員が充実した時間を過ごせるような環境なので、十分両立が可能です。 最後になりますが、もし剣道に興味がある方、見てみたいという方がいましたら、二階、講堂下の武道場にぜひ見学に来てください!一緒に「技」を磨きませんか。部員一同心よりお待ちしています。