こんにちは。生物部は現在、過去最多の10人で活動しています。ところで、みなさんは生き物が好きですか?私たちは、もちろん大好きです!生物室にはたくさんの生き物がいるので、その一部を紹介したいと思います。まず、クロちゃん、ベガちゃんなどのかわいい「ニワトリ」たちがいます。さらに、カッコイイ「オショロコマ」、悲しいイクメン「コオイムシ」、引きこもりの「エゾサンショウウオ」、デカすぎて身動きが取れない「コイ」のチョロちゃん、賑やかな「コオロギ」、つぶらな瞳の「ヘビ(赤ちゃんもいます)」、壁ドンをする「アズマヒキガエル」、壁にくっつく「アマガエル」、切っても死なない「プラナリア」、恥ずかしがり屋の「イバラトミヨ」、子作り大好き「アフリカツメガエル」、気分屋な「オニヤンマ(ヤゴ)」、個性豊かな「ミジンコ」などなどたくさんの生き物がいます。毎日、全員で楽しく賑やかにお世話をしています。また、生物部では日々研究活動を行っており、夏には、フィールド調査に行き、秋には、高文連や日本学生科学賞、高校生バイオサミットなどで研究を発表します。現在では、薬剤耐性菌、トンボ、コオイムシ、プラナリア、両生類についての研究を行っています。生き物のお世話は大変ですが、とても楽しいので興味がある人はぜひ生物教室に来て下さい。お待ちしています!