野球部は現在、二年生四人、一年生七人、マネージャー二人の計十三人で活動をしています。人数はとても少ないですが、チームの目標である全道大会出場を目指して、チーム一丸となって練習に取り組んでいます。私達野球部は、野球のプレーにはその選手の日常が表れるという考えを大切にしています。そのため野球の技術以前に、挨拶、勉強、生活におけるマナーなど人として、学生として必要不可欠な部分を高められるように力を注いでいます。こういった部分を自分達の中で作り上げることによってゲーム中の視野の広さやプレーの幅の広さが生まれ、最終的には社会に出た時に活きる人間力の向上につながると考えています。具体的な活動内容は、最上級生の最後の大会が終わると一、二年生中心の新チームが始まり夏から秋にかけては試合を中心に実戦練習を行います。さらに、この期間に市立大会や秋季大会があります。秋季大会が終わると雪が降りはじめるまで旭山記念公園で下半身強化を行います。その後、ピロティを使い、体力強化や守備の基礎的な形の反復、バットを徹底的に振り込むことで夏の大会へ向けての練習を行いチーム全体の力を高めていきます。今年のチームは先輩方のチームと比べ野球においても日常においても足りない部分が多いですが、一つずつ目標に向かって課題と向き合って取り組んで行きます。応援よろしくお願いします。