こんにちは!文芸部です。私たち文芸部は現在、一年生二人、二年生四人、三年生三人の計九人で、毎週水曜日にB102教室で活動し、それぞれが小説・俳句・詩・短歌・評論・随筆など、様々なジャンルの文芸を書いています。

 文芸部と聞くと、「部室で執筆してるんだろうなあ」というイメージを持つ方も多いと思います。しかし、実際はそうではありません!執筆は家やメディアコーナーで行い、部室ではお喋りをしたり、言葉を主体とするゲームをしたりしています。こうした活動を通して、私たちは「創作の種」を見つけ、作品に生かしているのです。そうして生まれた作品は、年に四回、部員が作成・発行する部誌の『白昼夢』にまとめられて発表されます。この部誌作成も文芸部の主な活動の一つです。部誌は発行された後に各ラウンジに置かれます。是非お手に取ってご覧ください!

 また、文芸部にも大会があり、そこで部員は日々の努力を発揮します。全道大会では、開催地の名所や史跡をグループ毎に散策するので、なんと観光もできちゃいます!更に、大会では分科会というものがあります。分科会では他校の文芸部員やプロの作家の方々と交流し、創作技術の向上を図れたり創作への刺激を得られたりする、とても貴重な経験ができます。

 このように、他とは違った様々な経験をできるのが文芸部です!興味のある方は是非、私たちの部室にいらしてください!

 あなたのまだ知らない、日本語への扉を開いてみませんか?