2022年5月27日(金曜日)

厚生労働省、文部科学省からの通達を受け、札幌市教育委員会からの通知により、マスク着用の場面を一部緩和します。

5月27日(金曜日)に生徒には保護者向け文書 [360KB pdfファイル](全2ページ)とリーフレット(全国共通) [167KB pdfファイル] (全1ページ)を配付しています。

マスク着用緩和以外の感染対応は継続します。

 

下記は継続した日々の取組です 

日常生活

登校の前に必ず検温をして、無理して登校することのないように、風邪症状等少しでも体調がすぐれない場合は静養を優先してください。

生徒ホールの利用と昼休みに体育館で遊ぶことは、少なくとも札幌市の感染状況が「レベル2」以上の間は禁止とします。(2021年10月1日、レベル3がレベル2に引き下げられました

  *「レベル1」になった時点で再考します。

 

部活動 

感染防止の対策を徹底した上で活動を継続することができます。ただし以下の活動制限は継続しています。

・他の学校行事と同様、生徒が密集して長時間行う活動や、著しく疲労するような活動は行いません。

・大会やコンクールの参加で宿泊を伴う場合は、訪問地の感染状況や緊急時の体制を踏まえて、参加の可否を検討します。

・学校を会場とする交流試合や発表会等については、主催者に感染症対策及び使用後の消毒を徹底することが確認できた上で、実施の可否を検討します。

・感染症の影響で、急遽大会が中止になる場合も想定できますので、心の準備が必要です。不安な場合は遠慮なくご相談ください。

・本校で感染症による臨時休業が発生した場合は、その期間は一切の活動を停止します。

   

海外研修(2022年6月10日更新)

・海外渡航についての制限の緩和があることから海外見学旅行の実施に向けた準備を進めていましたが、現状では安心と安全が確実に担保や充分な教育的効果のある研修の実現への困難が解消しきれないことから、今年度も海外見学旅行の実施は断念せざるを得ません。2年次グローバルコース生には6月10日付で保護者向け文書を配付し、GoogleClassroomにも連絡を提示します。代替の国内研修につきましては、確定次第お知らせします。

・本校で長年取り組んできた、海外語学研修(オーストラリア)、海外ボランティア研修(カンボジア)、北三高校交流(韓国)についても、安心と安全が確保され、教育的効果が充分な研修の実施が可能と判断でき次第、実施に向けての準備を行います。必要な情報はこちらでお知らせをいたします。